公開中の映画

懐しのブルース

公開年月:昭和23年(1948年)

懐しのブルース

名門立松家当主の通房(小沢栄太郎)は学者気質であり、長女の伸子(高峰三枝子)はその父と療養所で胸の病気を治療している妹寿子の治療費を助けるため、父に隠してキャバレーの歌い手になった。美声の伸子は人気者となり、客の脇村浩介(上原 謙)に出会う。 ある日、伸子は脇村に誘われ三浦半島に出かけて行き、その帰りに立寄ったホテルは自分たち家族が住んでいた邸宅が人手に渡って、ホテルとしてオープンしたものであった。 妹寿子から退院が近いとの連絡を受けた伸子は、妹を迎えに病院に出向き、胸を病む美しい女性に会い、話しているうちに、その女性が脇村の妻であることを知る。

歌うエノケン捕物帖

公開年月:昭和23年(1948年)

歌うエノケン捕物帖

歌いながら客を呼ぶ駕籠かきの 権三(榎本健一)と助十(藤山一郎)。 権三の女房は男勝りのおさき(笠置シヅ子)。 助十が思いを寄せるおしげは病身の父清兵衛と、上方に行ったきりの兄清太郎を待ちながら、苦しい生活を送っている。 清兵衛が米屋の隠居に借金を頼みに行った時、隠居は強盗に襲われその場で息子清太郎に出くわす。 清太郎が犯人だと思った清兵衛はその罪を被る。

想ひ出のボレロ

公開年月:昭和25年(1950年)

想ひ出のボレロ

歌手である花村恵美子(高峰三枝子・演)は、バンドマスターの堀江浩一(若原雅夫・演)と恋仲にあった。 恵美子と堀江は、住居を探すが、金銭的に余裕がないため家さがしは難航をきわめ、そこで仕方なく恵美子は、資産家でもあった寺田に、お金の相談をし、寺田は恵美子にお金を貸すことになった。

泣くな小鳩よ

公開年月:昭和25年(1950年)

泣くな小鳩よ

“オカッパル”こと岡春夫の曲『啼くな小鳩よ』の映画化作品。本人が歌手役で出演。岡晴夫演じる圭一と野上千鶴子演じるエミの、望まない別れと再会の、悲恋の映画。

芸者ワルツ

公開年月:昭和27(1952)年

芸者ワルツ

旧華族だった朝吹家の娘千枝子(相馬千恵子)は、戦後財産を失った一家を支えるために、病床の父には事務員をしていると偽って、芸者になっていた。 ある日、六郷商事の社長就任披露の宴会に招ばれ、箱根の「青嵐荘」へ行った。 そこは、千枝子の父が戦前に所有していた別荘だった。 しかも当日就任の社長、六郷恭造(柳家金語楼)は、朝吹家出入りの車曳きであった。 恭造の息子信太郎(龍崎一郎)は、戦後の新興実業家で、親孝行のため恭造を社長につかせたのだった。

想い出の映画・地域写真を毎月お届け

まずは2週間無料でおためし!

今すぐ無料ではじめる!!

「ナツカシ!」では、1950年以前の懐かしい映画や、日本各地の想い出の風景をお届け致します。

まずは2週間、「ナツカシ!」のプレミアムプランで利用可能なすべてのサービスを無料でご堪能ください。お試し期間終了後は、月額980円(税込)のプレミアムプランと、月額500円(税込)のライトプランからご利用いただけます。他に追加料金は一切かかりません。