公開中の映画

鞍馬天狗 鞍馬の火祭

公開年月:昭和26年(1951年)

鞍馬天狗 鞍馬の火祭

京の町に偽者の鞍馬天狗が現れ騒がしくなっていた。 ある日、白河卿(高田幸吉)が国学者香取任藏の許へ訪ね、徳川打倒方針書を預けた。 京へ戻った倉田典膳こと鞍馬天狗(嵐 寛寿郎)は、幕府によって貴船の山荘へ幽閉され 切腹となる白河卿を救い、投牢された師である香取任藏を助け出す。 天狗は偽天狗の正体を探り、香取任藏に破門された櫻町が偽天狗であることを知る。 事を知った天狗は香取の娘である小春(岸 恵子)のもとへ急ぐが、杉作(美空ひばり)から小春が櫻町にさらわれ鞍馬の奥の院へ行ったことを知らされ、 折からの火祭りのなか、天狗は、櫻町の後を追った。

珍説忠臣蔵

公開年月:昭和28年(1953年)

珍説忠臣蔵

松の廊下の一件後、吉良上野介(伴淳三郎)の悪徳ぶりは、高まる一方であった。 街の芝居小屋で「刀傷松の廊下」の芝居を観た吉良の家臣の鴨坂辰内(横山エンタツ)は吉良にそっくりの役者を見つけ、その役者を影武者にすることを吉良に進める。 大石内蔵之助(古川緑波)は身を偽り、祇園で放蕩三昧の体を装うが、大阪商人天野屋阿茶兵衛(花菱アチャコ)に気付かれ、その本意を見抜かれてしまう。 用心深い吉良は、鴨坂を内偵として祇園に送り、大石の動向を探る。 祇園から戻った鴨坂は、影武者を連れて吉良の前に出向き、祇園の大石の様子を伝えた。

湯の町悲歌(エレジー)

公開年月:昭和24年(1949年)

湯の町悲歌(エレジー)

古賀政男の作曲、近江俊郎が歌ってヒットした曲の映画化作品。伊東温泉を舞台に近江俊郎演じる音楽家と、山根寿子演じる旅館の娘の、出会いとすれ違いの悲恋の映画。 曲作りのために伊東へやってきて、旅館「紅葉館」に泊ることになった津田浩一(近江俊郎)は、旅館の娘、喜久江(山根寿子)に惹かれていく。 しばらくして、浩一は曲作りも半ばに東京に呼び戻され、用が済み次第伊東に戻ると告げ東京に帰っていった。 連絡もなく戻ってこない浩一を尋ね上京した喜久江は、浩一の家を訪れる。 喜久江を、玄関で、浩一の婚約者という女性が出迎えた。

七つの顔

公開年月:昭和21年(1946年)

七つの顔

レヴュー劇場の花形歌手清川みどり(轟 夕起子)が、身に着けていた金田金平から借りたダイヤと共に誘拐された。新紙には「歌姫誘拐される」「ダイヤの首飾をめぐる怪事件」と報道さた。 ダイヤの持主金田金平は、この事件の捜査に、元刑事の本堂応助を伴って来訪したが、そこに私立探偵多羅尾伴内(片岡千恵蔵)が現れ、事件は波乱を生む。 本堂は、これは日本のルパン藤村大造の所業だと断定するが、伴内はこの事件の解決には三日もあれば充分だと豪語する。 伴内は、事件の捜査を進めていく中で、知事公選の背後に黒幕がいることを知った。 やがて複雑多岐な事件は出没自在の伴内の手によって、その謎が解きほぐされていった。

大学の虎

公開年月:昭和25年(1950年)

大学の虎

「大学の虎」と呼ばれている今井(鶴田浩二)と、ライバルの佐山(高橋貞二)は、敵味方の間ながら固い友情で結ばれていた。 裕福な佐山に対し、今井は輪タクのアルバイトで学費を稼ぐ学生だった。 佐山の妹(桂木洋子)と今井は密かに惹かれ合っていた。 拳闘リーグ戦が近づき、今井も佐山も練習を行っていたある日、今井のもとに母の急病の知らせが届いた。 看病のかいあって、母は元気になったが、試合に戻った今井は看病の疲れからコンディション不良で、リーグ戦で佐山に敗れてしまった。 さらに、母の病気の事で佐山の妹に世話になった今井が八百長をして負けたという噂まで流れるのだった。

想い出の映画・地域写真を毎月お届け

まずは2週間無料でおためし!

今すぐ無料ではじめる!!

「ナツカシ!」では、1950年以前の懐かしい映画や、日本各地の想い出の風景をお届け致します。

まずは2週間、「ナツカシ!」のプレミアムプランで利用可能なすべてのサービスを無料でご堪能ください。お試し期間終了後は、月額980円(税込)のプレミアムプランと、月額500円(税込)のライトプランからご利用いただけます。他に追加料金は一切かかりません。