公開中の映画

勘太郎月夜唄

公開年月:昭和27年(1952年)

勘太郎月夜唄

伊那の町の暴れん坊で有名だった勘太郎(長谷川一夫)。 想いを寄せていたお京(乙羽信子)が新吉と相愛の仲だと知ると、お京に横恋慕し二人の婚礼を邪魔する荒平一家に、単身立ち向かい、婚礼を無事にすませてやったが、多勢に無勢、簀巻にされて天龍川に投げ込まれ、それ以来消息を絶った。 死んだと噂された勘太郎が、天龍川上流の飯場へ姿を現した。 帰って来た勘太郎は、新吉が荒平から金を借り、偽天狗組の強盗団に加わっていることを知るが荒平一家につけ狙われ、襲いかかってくる一家に立ち向かう事となる。

カルメン故郷に帰る

カルメン故郷に帰る

日本映画初の総天然色映画。 青山の正さんの娘キン(高峰秀子)は、東京から便りをよこして、友達(小林トシ子)を連れて帰郷すると言って来た。しかも署名にはリリイ・カルメンとある。 キンは朱実(小林トシ子)と一緒に、運送屋の丸十と同じ列車で帰って来た。 ダンサーのキンと朱実の派手な服装と突飛な行動は村にセンセーションを巻き起こした。 ダンスの公演を思い立った二人は、丸十の後援で、開催することになり村の若者たちは涌き立った。 公演は満員の盛況で大成功だった。その翌日、キンは朱実と一緒に、故郷をあとにした。

アチャコ青春手帖 東京編

公開年月:昭和27年(1952年)

アチャコ青春手帖 東京編

大学三度目の落第となったアチャコ。 下宿代はたまるし、母親は上京してくるしと悲観している。 友人の同じ落第大学生の北村は金持の息子で呑気である。 母親に何とか説明を付けて卒業が延期になっていると納得させたアチャコは一念発起、仕事を探し、女性だけの会社の社長秘書という仕事にありついた。 アチャコはある時は社長の父に、またある時は夫君になりすますという仕事であった。 やがて、アチャコが落第していることを知っていた母親は、手紙を残し、大阪へ帰っていった。

ひばり捕物帳 唄祭り八百八町

公開年月:昭和28(1953)年

ひばり捕物帳 唄祭り八百八町

大名如月八重守は十六年前、印籠をつけて宿下りさせた落しだねを探していた。 神田の目明し善七には三人の娘があり、三女のおみよ(美空ひばり)は歌が巧く捕物の投げ縄の名人であった。 おみよは十六年前、善七(市川小太夫)が印籠と共に産婆から引取った貰い子だが、本人はそれを知らなかった。 善七は亡妻の葬式の費用に印籠を越前屋へ入質し、それを苦にしていた。 八重守の用人大川軍太夫は勘助(伴 淳三郎)と計って善七を傷つけて印籠を盗み、それを証拠に勘助の伜を若殿に仕立てることにした。

銀座カンカン娘

公開年月:昭和24(1949)年

銀座カンカン娘

落語家の新笑(古今亭志ん生)の家へ居候している、新笑が昔世話になったという恩人の娘お秋(高峰秀子)と、お秋の友人のお春(笠置シヅ子)。 お春は声楽家、お秋は画家と、二人とも芸術家としての意欲に燃えていた。 思いがけないきっかけからある映画会社のロケ隊のエキストラとして、お春も呼び寄せ二人で、カメラの前に立つことになった。 そのエキストラで知り合った白井哲夫の世話で二人はバーで歌を歌うことになった。

想い出の映画・地域写真を毎月お届け

まずは2週間無料でおためし!

今すぐ無料ではじめる!!

「ナツカシ!」では、1950年以前の懐かしい映画や、日本各地の想い出の風景をお届け致します。

まずは2週間、「ナツカシ!」のプレミアムプランで利用可能なすべてのサービスを無料でご堪能ください。お試し期間終了後は、月額980円(税込)のプレミアムプランと、月額500円(税込)のライトプランからご利用いただけます。他に追加料金は一切かかりません。