公開中の映画

大学の虎

公開年月:昭和25年(1950年)

大学の虎

「大学の虎」と呼ばれている今井(鶴田浩二)と、ライバルの佐山(高橋貞二)は、敵味方の間ながら固い友情で結ばれていた。 裕福な佐山に対し、今井は輪タクのアルバイトで学費を稼ぐ学生だった。 佐山の妹(桂木洋子)と今井は密かに惹かれ合っていた。 拳闘リーグ戦が近づき、今井も佐山も練習を行っていたある日、今井のもとに母の急病の知らせが届いた。 看病のかいあって、母は元気になったが、試合に戻った今井は看病の疲れからコンディション不良で、リーグ戦で佐山に敗れてしまった。 さらに、母の病気の事で佐山の妹に世話になった今井が八百長をして負けたという噂まで流れるのだった。

高原の駅よさようなら

公開年月:昭和26年(1951年)

高原の駅よさようなら

植物研究家野村俊雄(水島道太郎)は、闘病中の恩師伊福部教授が、自分を娘啓子の婿養子にしたいという願いを振り切って、先輩池島(柳永二郎)の働く高原療養所を訪ねた。 俊雄はそこで、看護婦の泉ユキ(香川京子)と出会い、しばらくして、ふたりは惹かれ合っていった。 そこへ教授の娘啓子が駆けつけ父の病状が悪化したことを告げ、池島は俊夫に啓子と一緒に帰るよう諭す。 啓子が俊夫を迎えに来たと勘違いしたユキは、診療所から姿を隠してしまった。

異国の丘

公開年月:昭和23年(1948年)

異国の丘

岩崎家の長男清(上原謙)と結婚し、幸福であった久米子(花井蘭子)。 月日が流れ、清は召集され出征した。 久米子は、音楽家になる夢が叶わなかった清のことを思い、子供に音楽を身につけさせた。 やがて終戦となったが、清の消息は判らなかった。 終戦後三年経ち、久米子の元に、清の死が知らされてきた。 経済的にも苦しく、家を売り、物を売り、しかし、子供に音楽だけは続けさせた。 ただ夫が生きていることを信じて……

影を慕いて

公開年月:昭和24年(1949年)

影を慕いて

作曲家の尾形勇造(江川宇礼雄)と門下の加賀俊男(上原 謙)は招待で料亭に招かれ、 そこで加賀は勇造が関心を持っている美也子(山根寿子)に出会う。 美也子は、徐々に、加賀に惹かれていく。 尾形が審査員で加賀たちが参加した音楽コンクールで、尾形は、美也子に関する加賀への嫌がらせから、加賀の曲が優れていたにもかかわらず、別の門下生の小村を推した。 失意の加賀は、周囲の勧めから流行歌の作曲家に転向し、自作曲「影を慕いて」をレコード会社へ持ち込んだ。

懐しのブルース

公開年月:昭和23年(1948年)

懐しのブルース

名門立松家当主の通房(小沢栄太郎)は学者気質であり、長女の伸子(高峰三枝子)はその父と療養所で胸の病気を治療している妹寿子の治療費を助けるため、父に隠してキャバレーの歌い手になった。美声の伸子は人気者となり、客の脇村浩介(上原 謙)に出会う。 ある日、伸子は脇村に誘われ三浦半島に出かけて行き、その帰りに立寄ったホテルは自分たち家族が住んでいた邸宅が人手に渡って、ホテルとしてオープンしたものであった。 妹寿子から退院が近いとの連絡を受けた伸子は、妹を迎えに病院に出向き、胸を病む美しい女性に会い、話しているうちに、その女性が脇村の妻であることを知る。

想い出の映画・地域写真を毎月お届け

まずは2週間無料でおためし!

今すぐ無料ではじめる!!

「ナツカシ!」では、1950年以前の懐かしい映画や、日本各地の想い出の風景をお届け致します。

まずは2週間、「ナツカシ!」のプレミアムプランで利用可能なすべてのサービスを無料でご堪能ください。お試し期間終了後は、月額980円(税込)のプレミアムプランと、月額500円(税込)のライトプランからご利用いただけます。他に追加料金は一切かかりません。