公開中の映画

カルメン故郷に帰る

カルメン故郷に帰る

日本映画初の総天然色映画。 青山の正さんの娘キン(高峰秀子)は、東京から便りをよこして、友達(小林トシ子)を連れて帰郷すると言って来た。しかも署名にはリリイ・カルメンとある。 キンは朱実(小林トシ子)と一緒に、運送屋の丸十と同じ列車で帰って来た。 ダンサーのキンと朱実の派手な服装と突飛な行動は村にセンセーションを巻き起こした。 ダンスの公演を思い立った二人は、丸十の後援で、開催することになり村の若者たちは涌き立った。 公演は満員の盛況で大成功だった。その翌日、キンは朱実と一緒に、故郷をあとにした。

影を慕いて

公開年月:昭和24年(1949年)

影を慕いて

作曲家の尾形勇造(江川宇礼雄)と門下の加賀俊男(上原 謙)は招待で料亭に招かれ、 そこで加賀は勇造が関心を持っている美也子(山根寿子)に出会う。 美也子は、徐々に、加賀に惹かれていく。 尾形が審査員で加賀たちが参加した音楽コンクールで、尾形は、美也子に関する加賀への嫌がらせから、加賀の曲が優れていたにもかかわらず、別の門下生の小村を推した。 失意の加賀は、周囲の勧めから流行歌の作曲家に転向し、自作曲「影を慕いて」をレコード会社へ持ち込んだ。

馬喰一代

公開年月:昭和26(1951)年

馬喰一代

馬喰の片山米太郎(三船敏郎)は馬市で馬を売って久しぶりに金を懐にした。 馬市で金を手にした馬喰を賭博に誘い金を巻き上げていた、元馬喰で高利貸しの、小坂六太郎(志村喬)は米太郎を小料理「桃代」に誘い、馬市で手にした金を巻き上げてしまう。 料亭「桃代」の酌婦ゆき(京マチ子)は、ひたすら米太郎を想っていたが、米太郎にははるのという女房と大平という息子がいた。 米太郎は、冬になって例年の如く山仕事に出稼ぎしていた時、はるのの危篤で呼び戻された。息を引取るはるのの遺言通り、米太郎は賭博と喧嘩を断ち、はるのの貯金で飼った駿馬ミノルの成育をたのしみにていた。

ひばり捕物帳 唄祭り八百八町

公開年月:昭和28(1953)年

ひばり捕物帳 唄祭り八百八町

大名如月八重守は十六年前、印籠をつけて宿下りさせた落しだねを探していた。 神田の目明し善七には三人の娘があり、三女のおみよ(美空ひばり)は歌が巧く捕物の投げ縄の名人であった。 おみよは十六年前、善七(市川小太夫)が印籠と共に産婆から引取った貰い子だが、本人はそれを知らなかった。 善七は亡妻の葬式の費用に印籠を越前屋へ入質し、それを苦にしていた。 八重守の用人大川軍太夫は勘助(伴 淳三郎)と計って善七を傷つけて印籠を盗み、それを証拠に勘助の伜を若殿に仕立てることにした。

珍説忠臣蔵

公開年月:昭和28年(1953年)

珍説忠臣蔵

松の廊下の一件後、吉良上野介(伴淳三郎)の悪徳ぶりは、高まる一方であった。 街の芝居小屋で「刀傷松の廊下」の芝居を観た吉良の家臣の鴨坂辰内(横山エンタツ)は吉良にそっくりの役者を見つけ、その役者を影武者にすることを吉良に進める。 大石内蔵之助(古川緑波)は身を偽り、祇園で放蕩三昧の体を装うが、大阪商人天野屋阿茶兵衛(花菱アチャコ)に気付かれ、その本意を見抜かれてしまう。 用心深い吉良は、鴨坂を内偵として祇園に送り、大石の動向を探る。 祇園から戻った鴨坂は、影武者を連れて吉良の前に出向き、祇園の大石の様子を伝えた。

想い出の映画・地域写真を毎月お届け

まずは2週間無料でおためし!

今すぐ無料ではじめる!!

「ナツカシ!」では、1950年以前の懐かしい映画や、日本各地の想い出の風景をお届け致します。

まずは2週間、「ナツカシ!」のプレミアムプランで利用可能なすべてのサービスを無料でご堪能ください。お試し期間終了後は、月額980円(税込)のプレミアムプランと、月額500円(税込)のライトプランからご利用いただけます。他に追加料金は一切かかりません。